トヨタ アルファード ALPHARD パーツショップ

トヨタ アルファード 2018(平成30)年1月 発売モデル



トヨタ アルファード

トヨタフラッグシップミニバン「アルファード」/「ヴェルファイア」。従来にはない新しい高級車の概念を創造することを目指し、「大空間高級サルーン」をキーワードとして開発。「豪華・勇壮」をテーマに、特長をより際立たせたデザインとした。今回、マイナーチェンジを行った。2.5L 2AR‐FEエンジンと自動無段変速機(Super CVT‐i)を組み合わせ、アイドリングストップ機能のオプション設定(4WD車は標準装備)により、JC08モード走行燃費12.8km/Lを実現。また、V6・3.5L 2GR‐FKSエンジンと8速AT(Direct Shift‐8AT)を組み合わせ、よりダイレクトな走りの実現と高い燃費性能を確保した。ラインアップは、「2.5X」、「2.5S」、「2.5S Aパッケージ」、「2.5S Cパッケージ」、「2.5G」、「3.5SC」、「3.5GF」、「3.5エグゼクティブラウンジ」、「3.5エグゼクティブラウンジS」を設定。また、「2.5X」、「2.5S」、「2.5G」、「3.5GF」には「サイドリフトアップチルトシート装着車」を設定。「2.5S」は、7/8人乗り、「2.5X」は8人乗り、その他は7人乗りのみ、全グレード2WD/4WDを用意。第2世代を迎えた予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。さらに、リヤクロストラフィックアラート(RCTA)やブラインドスポットモニター(BSM)を新設定するなど、予防安全装備を充実させた。エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプのデザインを変更することで、それぞれの個性をより際立たせた。インテリアはメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感をさらに高めた。また、エアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「3.5エグゼクティブラウンジS」には、専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートを採用した。


更新:2019/12/02 アルファード

愛車の無料一括査定!

「カーセンサー」があなたの愛車の査定額を完全無料でお調べいたします!


記事一覧

( 38件 )




  車用品 (車用品・バイク用品) ランキング

  その他 (車用品・バイク用品) ランキング

  車・バイク関連サービス (サービス・リフォーム) ランキング